« 鎧ヶ峰の朝 | トップページ | 『私の経ヶ蔵山』 »

2015年12月13日 (日曜日)

経ケ蔵山(きょうがくらさん)

「十二滝」までは行ったことはあったのですが、その水源となる「経ケ蔵山」は気になりながらも登ったことがありませんでした。

未明は星も輝く天気でしたが、出発する午前7時頃には全面曇り空になりました。どうなることか。

0009 0018

十二滝側からスタート。まずは一応十二滝を見て 。まるで融雪期のような凄い水量だ!

0020 滝の少しの上に登山口があり、赤い橋を渡っていよいよ山に入る(午前8時20分)。

0024 0021

ミチさん、下を向いて歩いてるから、上からぶら下がっていた蔓にゴツン!タイチローさんが注意してたでしょ~!(笑) あんまり可笑しかったので再現してもらいました~。

0028 0030

夜露で濡れ滑りしやすくなってはいるが、よく管理された山道。冬仕様の涼しくなった木々の間からプチ雲海のような近景も楽しめた。


0031
0036_3 この山は基本的に岩山で、所どころに大きな岩壁や苔生す磐が目に留まる。ん?

0037 0039 九十九折の急登を登り切り、緩やかな尾根道にたどり着く。急登のサポートロープが木肌に食い込んでいた!

0042 0047 須弥壇岩を過ぎると間もなく展望台のある山頂474mに着く。午前9時30分

0053 0049 展望台からの鳥海山の眺め。こんなに晴れるとは!青空を背景に鳥海山の白雪が眩しい。30分ほどゆっくり大休止。

ここから円能寺へ下る。タイチローさんは反転し、車でゴール地点の円能寺へ。すみません。

0058 下山路にある "のぞき岩"。  反り出ている岩の先端なのに・・・コワッ!


0060 0062_2日差しを受け、尾根伝いの気持ちいい山道。 木柱にポンポンと苔が・・・she said  " カワ(・∀・)イイ!!  " ・・・かな?

0064 その後"胎内くぐり"に寄り道して、この山きっての急坂を登って?"双六"のように戻っちゃったりして~。生まれ変わるということは、そういうことか!(笑)

 

0065 0066 アルプスのような "猿渡り"を渡って・・・

0069  誰かはどうしても木登りをしたくて!・・・よかったね。(*^^)v

0070 0001 0002

0046 0025 0035
冬椿など諸々の植物 誰か何か分かる?

0004 0005

午前11時25分、円能寺登山口に無事到着。タイチローさん、お待たせしました~!ありがとうございます。























|
|

« 鎧ヶ峰の朝 | トップページ | 『私の経ヶ蔵山』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎧ヶ峰の朝 | トップページ | 『私の経ヶ蔵山』 »