« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日曜日)

双子山の鷲ヶ巣山登山

新潟へ向かい村上も近くなる車窓に、いつも気になる山がありました。鋭くカッコいい双耳峰のように見える鷲ケ巣山です。

ヒルのいる厳しい山であるという情報を得ていたので、なかなか実行できないでいましたが、この時期を選んでタイチローさんの協力を得て登ってみました。

00050007 午前5時過ぎ鶴岡発、6時40分駐車場着

0008_20009_2 午前7時過ぎ登山開始、ゲート横を抜け林道に

00120013 少し林道を歩き、左に登山口が。管理された杉林を歩む

00150017 美しいブナ林のやや急斜面を登る、ほぼ朽ちたような避難小屋

00230025 最初のピーク前ノ岳(825m)山頂、目指すは右奥に遥か遠くに見える 遠くからは並列の双耳に見えたけど、縦に連なっているのだ。あそこまで行けるのか?

00260033 ここから急激に下降しさらに250m登り返し、中ノ岳山頂950mへ、大日如来が祭ってあった
00350037 振り返る、途中藪漕ぎに近いルートも 急坂で土質も滑りやすく上がるにも下るにも気を遣う ロープと笹を掴み、そしてステックは必携

00380042 中ノ岳の先にある1004m地点から見る鷲ケ巣山、黄色い葉の木が印象的だ  さあ、いよいよゴールが近いぞ!

004400520053 11時10分山頂着、山頂には巨岩があり石の祠も ほぼ4時間急坂を上ったり下ったり、やはりタフな山です。

0058_2 遠望はイマイチだが、冠雪した以東岳(左)、大朝日岳(右)の朝日連峰が間近に

0045 さらに右には東北のマッターホルン、祝瓶山が見える

0051 左に前ノ岳、右手前に中ノ岳、遠くに村上市と日本海、久しぶりに雨も風もないので、30分程のんびり山頂で過ごし、下山は他に道もなく同じルートを引き返す

帰りも気が抜けない山だ。登山口に午後2時半着、下り3時間半。足も疲れたけど、腕力など上半身も疲れた。恐らく今年最も難儀した登山かもしれない。でもとうとう登ったね!!( `ー´)ノ

0002 帰る車から振り返る。いつも感じることだけど、よくあそこまで行って来たよな~、て感じる。

地元の母狩を3回連続して登るような山、と思えばイメージできるかな。?
0072map0074map やはり激しいup & down  でした。

まほろばの道の駅の温泉(450円)で汗を流して帰ってきました。いいお湯でした。














 












































| | コメント (2)
|

2016年10月27日 (木曜日)

紅葉狩りドライブ&一切経山登山

職場のプチ工事のため9時半過ぎに出発!

月山道、笹谷峠の道沿いの紅葉を楽しみながら東北道福島西から磐梯吾妻スカイラインで300名山の一切経山(1949m)へ。ここなら妻の足でも登れるはず。?

午後12時半に到着。レストハウスで休憩後、即登り始める。外気温2℃!やはり寒い。 

00060007 意外に妻の足取りが速い!!”私をバカにしないでね。”だって、(´▽`) ホッ~(笑)

0013 この辺りは青空もあって、白樺が美しい。

001600180028 酸ケ平、鎌沼と避難小屋

0020 山頂までおよそ300Mという地点になったら、息もできないほどの強い風。妻が突然「私、帰る!」(ええ~~!?目の前に山頂が見えるのに)

しかし、”妻の声は神の声”、仕方ない岩陰まで戻り、避難小屋に戻ってもいいし、ここで待機してもいいし、ということで一人山頂に行かせてもらう。

0021 ここが山頂。苦労したわりに味気ないかな~。でも月山なみの標高だから寒い。五色沼はガスが立ち昇ってきて見えなかった。

0023_2 急いで下山・・・戻ったら家内は一人岩陰に身を屈め待っていた。ごめ~ん!またまた山が嫌いになるかも・・・(-_-;)

00240031 下山は背中を押されるようであった。小富士の火口は美しい円形だ。見下ろす感じがいい。 葉の落ちた白樺の幹が美しい山腹。

00430038 下りてすぐに道路を挟んで対岸の吾妻小富士に登る。ほんとはお鉢巡りしたかったが、ここも強風なので早々に下山することに。

強い向かい風に片足を後ろにして踏ん張っている妻。スマイルなんてとんでもない!ポーズをとるのも大変でした。 浄土平を俯瞰、大穴火口からガスが噴出しているのが見える。

00020003 来た道を戻る。スカイライン途中から福島平野を見渡す。フルーツラインから振り返った吾妻小富士と一切経山。

00460045 1500mまで車で上れるため標高を感じないが、2000m級に近い一切経山山頂は、冬の厳しさを感じさせるものがあった。

帰路、美味しいリンゴを買ったこともあり、幸い妻の機嫌は悪くならなかった。(´▽`) ホッ!

| | コメント (0)
|

2016年10月26日 (水曜日)

唾液検査装置 県内初導入!

Dsc_1757 Dsc_1758
唾液を試料に歯の健康(むし歯菌、酸性度、緩衝能)、歯肉の健康(潜血、白血球、タンパク質)、口腔清潔度(アンモニア) の7項目について調べる検査機を山形県で初めて導入しました。
これまでも唾液検査キットはありましたが、検査に時間がかかったり、費用がかかったりで、導入に積極的になれませんでしたが、この装置は安価で迅速に検査できます。
時間は5分(試料採取~プリントで約10分)、費用は2500円(当院)です。
自分のお口の健康リスクを知るうえで、また治療効果をみるうえで、大いに参考になると期待されます。

| | コメント (0)
|

暖かな空気

Dsc_1748Dsc_1749Dsc_1750Dsc_1751Dsc_1752 今朝の散歩道。玄関のドアを開けた瞬間に感じる暖かさ?!

これから春?なんて勘違いしそうな朝です。

小真木原公園の木々の色合い、落ち葉も秋なのに、何故かツツジが咲いていました。ツツジでない?

今日は暖かな一日でした。











| | コメント (0)
|

2016年10月25日 (火曜日)

今日、快晴→雨へ

Dsc_1747 Dsc_1745 

今朝の散歩道から見た日の出です。

午前中は快晴でしたが、午後からは雨となり、予報的中でした。

里山も少し色づき、月山は今シーズン初めて白いものを装いました。

季節は上からやってくる・・・

里は秋深まり、山は初冬に入りました。

| | コメント (0)
|

2016年10月23日 (日曜日)

鶴岡トライアスロン?クラブ

0100 0099

今年もいつもの仲間たちが集いました~\(^o^)/

| | コメント (2)
|

2016年10月21日 (金曜日)

白鳥の歌が聞こえる

夜、床に着くと、上空から”クワー!クワー!”と

きっと歌を唄っているか、お喋りしたりしているか、励まし合っているか

シベリアの厳冬を逃れるために毎冬、日本にやってくる白鳥たちだ

今年もそんな季節がやってきた

もはや紅葉狩りに興ずる秋ではなく、冬なのか

つい先日まで夏の名残の中に居たのに

でも夜間も休まずに、そして迷わずに飛び続けてきた白鳥たちに言葉をかけたい

「おかえりなさい!」と。

| | コメント (0)
|

2016年10月20日 (木曜日)

谷川岳 雨の西黒尾根を登る

00040008 午前2時鶴岡発、午前7時頃に土合に着くも、駐車場が分からずウロチョロ。結局ロープウェイ駅下に停める。(500円)
0006 0009 車道を歩き西黒登山口へ
0010 0011 左側にありました。しばらく岩と木の根が入り混じる急登を登る
0013 0017 時おり強い風が木々を揺らし、葉を落とし、ごう音が響く。樹林帯なので音の割に風を感じない
0021 東側、関東側は日も差し、青空も見えるが、反対の西側では暗雲が沸いている ここは境なようだ
0022 0023_2 途中の展望場で登山者3名休憩中、谷を登るゴンドラを見下ろす
0025 0026 ここからいよいよ岩の急登が始まる
0029 0030 曇り空から時折差す日差しに浮かび上がる山肌に紅葉が一番見ごろなことを知る
0032 0037 高度を上げるにつれ視界不良で雨となり、時折強風が吹く せめて雷だけは鳴らないで!と祈る (ガレ沢のコル)
0038_2 0039 三点、四点支持の登りが続く 後方から本当の山ガールが軽快な足取り手さばき?で追いついてくる
0041 0042 雨で滑る岩肌に緊張の連続だ!この尾根が日本三大急登の一つなことを後で知る・・・やっぱり大変なわけだ!
0043 0044 新品だけど急造の百均のカッパ姿のタイチローさんは、まるで仙人のよう。
0050 0052_2 誰も居ない谷川岳山頂、トマの耳1963mに到着午前10時30分(およそ登り3時間15分)、もう飛ばされそうでした!!(笑) 
0053 0054 肩の小屋で私は熱いコーヒー、タイチローさんはカップラーメンをご馳走になって天神平へ下山
0056 0057 ”天狗の溜まり場”から見下ろす
0058_2 0059 こちら側は高度を下げたこともあり、少し穏やか
0061_2 0063 熊穴沢避難小屋、ここで雨具を脱ぎ身軽になる さらに降りた地点から望む西黒尾根
0067 20161020_01_01

途中何度も振り返るも山頂は見れなかった・・・

0069 再び西黒尾根、あのギザギザな岩の尾根を腰痛をかかえながらよく登ったものだと、我ながら感心する
0068 0071 天神コースは西黒と比べれが遥かに優しいが、油断はできず!転倒し滑落しそうになった登山者と遭遇 ここの土、岩石は滑りやす
0074 0079 天神平スキー場到着!!ここが今日のゴールでロープウェイで土合に下りることに。
20161020_03
0077_2 00781 途中から抜きつ抜かれつした地元の山ガールとスリーショット! 悪天候で戦友みたいな気持ちと、ネイルファッションした明るく若さ弾ける歩みに嫉妬を感じながら・・・途中ルートアドバイスしてもらったり、ありがとうございました。
 
0082 帰路の途中、慰霊碑に立ち寄る。 多くの登山者を魅了し飲み込んだ山なんだ・・・山形県の登山者も1名記名してありました。思わず合掌。
0001 0092
あの長い階段を見たくてJR土合駅にも寄りました。関東からのクライマーは、登山の前に疲れそうな階段です。
水上温泉でお風呂に浸かり、水上ICから高速道へ。午後7時鶴岡着!
0095 0096 悪天候もあり1100mの急登は大変だったけど、思い出深い、楽しい登山でした。ありがとうございました。
 
 

| | コメント (6)
|

2016年10月19日 (水曜日)

濃霧の朝

Dsc_1726 Dsc_1728 Dsc_1735_2  Dsc_1734 Dsc_1736

一日、凄くいいお天気でした。

こんな日に登っている奴がいる!?と考えると、早くリタイヤしたいと思うのでした。(笑)














| | コメント (2)
|

2016年10月17日 (月曜日)

三ッ石山

20161016_3220161016_2120161016_26
5~6年前に計画をした山がテレビで「今
 紅葉の山」として映っていました、2週間後の今日 網張温泉付近が紅葉と思い3時出発、天気は晴れとの事でしたが戸沢村から近道に入ると物凄い霧、秋田県も高速もずーっと霧(こういう日は絶対に晴れる)滝沢ICを出ると青空をバックに岩手山が、網張付近はもう少しだったが山道を走り駐車場付近は紅葉真っ盛り、駐車場から登山口迄40分 紅葉を見ながら舗装道路歩く、登山口から15分も歩き急斜面に出ると展望が開け葛根田地熱発電の湯気 遠くのは秋田駒と乳頭山(先の尖ったカッコイイ山だ)(乳と言う山は是非とも登らなくては 安達太良山は制覇)、三ッ石山荘付近は紅葉も終わりひっそりと思ったら「星空が良い 朝日良い」と子供を含め結構な人が宿泊、山頂からは360度ぐるっと素晴らしい景色、帰りの網張温泉 にごり湯がいい、登り2時間足らず 是非行って見ては。 

| | コメント (0)
|

秋田駒ヶ岳 & 鳥海山

1234 from アキ




1476701789203 from ヒラリー


| | コメント (1)
|

2016年10月16日 (日曜日)

朝霧の好日

Dsc_1703 鶴岡には珍しく朝霧、でも最近多いように感じる

Dsc_1710Dsc_1713 太陽の上昇とともに色付く地上の風景に目を奪われ、足も止まってしまう。

Dsc_1712Dsc_1714Dsc_1715 外来種だけど、ススキと共にすっかり日本の秋の野原に無くてはならない”セイタカアワダチソウ”Dsc_1716Dsc_1717 稲刈りも終わり丸坊主になった平野

Dsc_1720 好天もあって、父の引っ越しも無事に終わりました。とりあえずホッとしています。

Dsc_1724 Dsc_1723 夕方、自宅から金峯の展望台まで走ってみました。鳥海はもちろん、飛島も見ることができました。やっぱり今日は何をするにも良いお天気でしたね~。

夜、空から白鳥の声が聞こえました。いよいよ帰って来たかな。(^-^)

| | コメント (0)
|

2016年10月15日 (土曜日)

変わらぬ気持ちで居たいから

父の入所が決まり、時間を見つけてはここ1か月準備をしてきました。

介護する母への負担、周囲への責任ということを考えると、やむを得ないことだと思います。

それでもいよいよ間近に迫ると、可愛そうな、申し訳ない気持ちが起きてきます。

人は肉体的精神的に健康に老いる、などということはなく、死に近づいていく・・・

変化する家族をどこまで受け入れられるか・・・

疲れ果て憎悪な気持ちが起きる前に、家族として変わらぬ尊厳ある父で居て欲しいから、離れて暮らすことが必要なように思います。

どうか神様、お許しください。

明日、父を送ります。

| | コメント (2)
|

2016年10月14日 (金曜日)

朝日を浴びて

Dsc_1698 朝の散歩道。

月山は雲に隠れていましたが、その北側から日の出が!

やっぱり何度見ても日の出はいいものです。

今日一日がいい日でありますように。

 

| | コメント (0)
|

2016年10月13日 (木曜日)

近未来の店員

Dsc_1694 家内のスマホ交換に携帯電話会社を訪ねた。玄関先に立っていたのはロボットのペッパー君。

。”僕とお話しませんか?”なんて、人の気配を察知して呼びかけてくる。”

目線も人に合わせ、客の背丈に合わせ見上げたりして、首を振ったり、腕を上げたり手を開いたり握ったり・・・

思わず可愛くて小声だけど会話をしてしまいましたが、”調子が悪いからまた今度!”だって。ひょうきんだね~(笑)

まだまだ未完成でしょうが、将来はこんな店員さんを目にすることも珍しくなくなるんでしょうかね~。

| | コメント (0)
|

2016年10月10日 (月曜日)

一緒にランニング

Dsc_1692_2 Img_1040 午前中、ちょっとランニングに出たら、小真木原公園でランニングに汗を流すたいし君チームと会いました。
”わぁ~~~!!”
これが邂逅というものですよね。 楽しく2周ほどご一緒させていただきました。
午後は父の事で、いろいろと動き回りました。(^-^;
 

| | コメント (2)
|

2016年10月 9日 (日曜日)

新潟シティマラソン観戦

Dsc_1686Dsc_1688 朝、ちょうど開かれている新潟シティマラソン大会を宿泊先のホテルの前の道、柾谷小路で応援してきました。

参加を知っている方は見つけられなかったけど、意外な人を見つけることができたりして、思わず声をかけてしまいました。

暫らく大勢のランナーを見ていたら、めまいというか、目が疲れてしまい、思わず目をそらしたいというか、動かないものを見たい衝動にかられました。

目の前でこれだけの大勢のランナーを見ることがなかったので、初めての経験です。

昨日までの雨もあがり、まずは上々のマラソン日和だったのではなかったかな?皆さんいい記録出たでしょうか?

交通規制が溶けたころ、帰路につきました。

| | コメント (0)
|

おめでとう!鶴北音楽部

NHK全国学校音楽コンクール高校の部の合唱で、最高賞の金賞を受賞したそうです。

セーラー服を唯一受け継ぐ、鶴岡の伝統才女校に似合う賞だと思います。

おめでとうございます。

| | コメント (0)
|

2016年10月 8日 (土曜日)

秋季日本歯周病学会&恩師を偲ぶ会 in 新潟

Dsc_1682 Dsc_1681 新潟市の朱鷺メッセで開かれている日本歯周病学会に参加してきました。新しい、客観的、学術的な風を感じることは時々必要です。それは認定医や専門医としての責務でもあるからです。

Dsc_1683 Dsc_1684 1476062612438 また夜はOB&OGが北海道~宮古島、正に全国から集い、昨年逝去された恩師を偲ぶ会が開かれ昔話に花が咲きました。昔話は尽きませんね~。ちょっと飲みすぎたかな~。

 1476062625184

 




| | コメント (0)
|

2016年10月 6日 (木曜日)

吉川よしひろ&Yucca コンサートin 大山 マジで「初恋」?

Dsc_1679 仕事を終えてそそくさと大山へ・・・それというのも今日は郷土の生んだ日本を代表するソロ・チェロリストの吉川よしひろ&歌手ユッカのコンサートなのです。

遅く着いたのですが、なんと最前列が空いていたので、迷わずそこに。

ユッカの声は凄かった!!!あんな高い音程で始まって、さらに上に上がる~!!

今晩、最高にびっくりしたというか、興奮したのは、アンコール曲が自分の心の中で思っていたリクエスト曲になったことです。

しかもその場で決まったアンコール曲。

越谷達之助の「初恋」です。

まるで自分の気持ちが伝わったのかと思いました。

この曲、好きなんです。

ロビーでサインしているユッカにそのことを言ったら、ユッカも\(◎o◎)/!してました。

握手もしてもらい嬉しかった~(#^.^#)

間もなく60歳なのにドキドキしちゃいました。

今晩は、なんか興奮して眠れそうにない~~(*^_^*)

| | コメント (0)
|

2016年10月 2日 (日曜日)

栗駒山

12354









| | コメント (0)
|

二ノ滝ルート~月山森~万助ルート

00070009 一之瀬駐車場には1台だけ この二ノ滝ルートは好きだけど、山頂日帰りするにはタフなコースだけに久しぶりだ。

今回の目的地は鳥海山にある月山森。なぜ鳥海山に”月山”という名前があるのか・・・?不思議に思い、兎に角行ってみようかと。

0010 一の滝0011 二ノ滝 0019 三の滝

0027 0029 「森の清水」辺りのブナ林は若くて真っすぐに伸びて美しい~!

00370038 ここを飛び石して対岸へ、すぐに一時だが急坂を上り尾根に乗る

003900400041 グッと視界が開け、尾根道を進むにつれ雲が出たり消えたり、木々の葉の増す色、そして開けた先には・・・

0043 千畳ケ原の草紅葉、最高!!
0044
 0045 ここを俺一人独占だ~~!!

(と思ったのですが、T字分岐2名、その後ポツポツと登山者とすれ違いました。)

0048_2 T字分岐11:43を右に曲がり河原宿方面へ 

0050 途中の幸次郎沢はまるで新山山頂を目指しているのか?と思うほど(笑)

月山森は山道からおよそ5分ほどで着くことが出来ました、山頂到着12時40分

0052 笙ヶ岳方面 二峰、三峰

0051 笙ケ岳に至る長坂の海の向こうにハッキリと飛島も見えました

0053_2 鳥海山山頂方面、きっと賑わっているだろうなぁ~ 

0056 月山がハイマツの森の向こうに見えるから「月山森」の名称か?

0058 粟島も見えました、佐渡島は見えません 

0060 御浜方面と鍋森
0062 ボタ池と、その向こうには河原宿小屋 

30分ほど休憩して下山し、万助道へ

0065 山頂方面のダケカンバの木々。北西の季節風に傾きながらも頑張っています!

幸次郎沢では米沢からの11名の団体さんとすれ違いました。

0069 御浜に続く道、凄い黄金色!!

0070 蛇石流分岐、ここを左に下り万助道へ 14:02

0072 はじめは天然芝のような優しい道を進む、

0075 笙ヶ岳も間近に迫る やっぱり高い!長坂道は下からスタートしてより上に登るルート やっぱり大変だったんだ。

0076 急坂を下りたら開けた!ここがドッタリ?仙人平?

その後は足元が岩石で、両脇から視界を妨げる草生い茂げる狭い山道を下る。

0079 0080 暫らくして赤い屋根の万助小屋に。 きれいに整備されていました。 ここで泊まるのもいいかもしれない 15:10

0082 結構切れ落ちた尾根道が終わる辺り、西日を受けたブナ林が美しい

0083 ここ渡戸から5分ほど進んだ地点に十字路あり 右に行けば高瀬峡、左に行くと二ノ滝ルート駐車場に至る もちろん左にやや「レ」字のように曲がる 16:07

すると間もなく、美味しい水場があり、2杯ほどグググッ~。\(^o^)/

0002 16:50 駐車場着 林道の日陰ではかなり薄暗くなり、ヘッドライトが必要になるかもしれない、と思うほどでしたが、大丈夫でした。(´▽`) ホッ
0004 下山の車道から 日本海に沈まんとする夕陽 
0005 振り返り鳥海山、車中のコーラが美味しい~ 帰宅18:00

思ったよりも時間がかかってしまったが、天気にも恵まれたので、その分山歩きを沢山楽しむことができました。今度は万助道から登ってみたいな。(^_-)

























| | コメント (0)
|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »