« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金曜日)

出てきました!姫踊り子草

 Oi000014 Oi000028 今朝、田んぼの畦道に土筆や姫踊り子草を見つけました。彼女らを見ると、春が来たことを実感します。

対策しながらも不意の鼻水やくしゃみも増えてきました。まさしく辛くも嬉しい春です。


| | コメント (0)
|

2017年3月30日 (木曜日)

生きた球

昨日、今日と、スクールで3時間ほどテニスで戯れました。

ストロークやサービスなどの各々個別のエクササイズもありますが、最後はゲーム形式の練習もあります。

コーチの出す球は上手に打てても、ゲームで飛んでくる球を上手に打てるとは限りません。

また意外だけど、エクササイズの球は上手く打てないけど、ゲーム中には驚くほど素晴らしいショットをする人もいます。

本番に強い人ということか?・・・生きた球の不思議を感じます。

強いショットかと思えば柔らかいロブ、またその逆に強いショットがきたり、ネットインしたり、モーションと違い右かと思えば左に飛ぶフレームショット、緩い球なのに空振りしたり・・・

まだまだ自分は意図したプレーはできませんが、そんなラッキーショットに溢れた素人ゲームも楽しいものです。(笑)

ああ、もっともっと練習したい!上手になりたい!そんな気持ちです。

| | コメント (2)
|

2017年3月29日 (水曜日)

高校山岳部雪山遭難

27日、那須スキー場でラッセル訓練中の大田原高校山岳部員と教諭の計8名が雪崩で亡くなりました。

軟弱な中年クライマーですが、運が悪ければ自分も同じようなことになっていたかもしれない・・・と感じています。

でも、自己責任と引率する責任との差は大きいかな、と感じます。

ましてや未成年の生徒となると引率者の責任は大変重いものがあります。

訓練は大事ですが、若い命を引き換えにするほどのもではなかったかな、と。

先日、秋田駒ケ岳で出会った横手高校山岳部員たちの爽やかな挨拶と笑顔。明るい笑い声が重なって脳裏に浮かびます。

部外者ではありますが、親の心中は本当に残念無念であったろうと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (2)
|

2017年3月26日 (日曜日)

CIDコース修了

Oi000011_1_2Oi000001Oi000006

1月から計6日間のコースが今日で終了し、CID(center of implant dentistry)のサーティフィケートを受けました。

内容は国際的で最新のテクニックを含めた、しかしエビデンスのあるレベルの高いオペ内容を専用モデルや豚骨を用いた実習を中心とした研修会です。

恐らく日本で最も充実したアドバンスコースではないか?と思います。募集要項が出るころには、すでに内々で参加者で埋まっている、という知る人ぞ知る人気の研修会で、昨年から始まったコースです。

コースを通し、これまで培った自分の知識や技術の整理が出来たように感じています。

しかし、更なる高見も出てきて、果てしない修行の道が目の前に延びてしまった感じもします。進むしかないよね。

| | コメント (2)
|

2017年3月25日 (土曜日)

お台場へ

Dsc_0371
最後席に座る。新橋から”ゆりかもめ”でお台場へ。

Oi000007 国際展示場前駅にあるTFTビルが会場だ。駅からの通路は雨天でも濡れずに会場に通じる。

しかし、TFTビル内の中央ロビーには、天気が良くても定期的に雨?、シャワー水が降る。はじめは驚いて、間近で仰ぎ見たっけ。

田舎者丸出しです。(笑)

Oi000012 研修会と懇親会を終え、ホテルの部屋からの眺めです。若い連中は豊洲に飲みに行きましたが、街でも山生活時間で生活している自分にはもう真夜中。

Good night!です。

| | コメント (0)
|

2017年3月24日 (金曜日)

孫と




春休み 孫を雲の上に連れて行きたく初飛行、予定どうり雲の上へ 東京には雲も無く富士山も見えて最高のフライトでしたが気流乱れで少し酔ったみたい、羽田からバスでスカイツリーへ、流石に平日 空いています、一気に一昨年行けなかった展望回廊迄、食事をしたら「ホテルに行きたい」と孫達が、13時なのに「部屋は入れますよ」だって!、タクシー代が安くなったので
……スカイツリーの見える上の部屋にベッドが4台 全員昼寝 15時過ぎに歩いて浅草へ、ここは凄い人 人力車の客引きが凄い、夜食 何故か孫が「ハンバーグが食べたい」と、スカイツリーのライティングは「雅」 カーテンを開けたまま寝る、今日の予定は「ユリカモメ」に乗ってお台場へ(ガンダムは足だけが残って居ました)観覧車に乗り、次は「モノレール」に乗って羽田へ、羽田便は行きも帰りもほぼ満席状態 平日なのに、帰りはぐっすり眠ったので酔わなっかったみたいです。

| | コメント (0)
|

歯科医師会総会

珍しくホームワークしながら国会の証人喚問を観てました。

質問する与党議員は、背後にある組織や人物を擁護しようとする内容、態度で、まったく好感が持てません。それに反し、籠池氏は冷静沈着に回答し、自然体で好印象でした。何か大きな力ではめられたのかな?と感じました。観ていては面白かったですが、ご本人の心労は大変なものでしょう。頑張ってください。

さて昨夜は、地元歯科医師会の臨時総会がありました。

一般社団法人になっているので、次年度の会務、予算の了承を得る必要があるのと、今年は任期にともなう会長選挙があり、その結果承認を得るための総会です。

坦々粛々と決まり、平穏な船出となりそうですが、役員の先生がたは日々の診療の合間の会務ですから、ほんとご苦労さまです。

新会長は大学の後輩の毛呂光一君です。

個人的には、ちょっとネガティブですが、健康に留意され、あまり大志を抱かずに、会務を遂行していただければ十分ではないかな、とアウトサイダーですが、期待しております。

| | コメント (0)
|

2017年3月23日 (木曜日)

孫娘に誘われ

Img_20170322_103954r
二人でドラえもんの映画を観に行ってきました。

楽しい楽しい1日でした。

今は孫と一緒の時が最も心が和み幸せの時です (@^^@) 

手紙文です

『おにいさんへ 3がつ

22にち すいよう みすず

と いっしょに どらえもんの

えいがいこうね ぜったい

いこうね! みすずより』

12日と19日走ってきましたが、3時間30分と3時間37分で、納得いかないタイムでした |ω ̄、|

9月の鶴岡 申し込みましたよ。

| | コメント (1)
|

2017年3月21日 (火曜日)

ちまき

Dsc_0369 

この季節にSさんから頂く粽(ちまき)。

今年も黒砂糖、きな粉付きで頂戴しました。

沢山すみません。

ほんと、だぁ~い好き!!なんです。

ありがとうございます。m(__)m

| | コメント (2)
|

2017年3月20日 (月曜日)

芽を探しに

春を、芽を探しに、大山下池、高館山周辺を2時間ほど散策してみました。

途中、熊鈴を鳴らしてくる一人の女性が降りてきました。なんと、当院の患者さんでもあるSさんでした。時々良い見どころを教えてもらっているのですが、ほんの短い立話で今回もいい所を教えていただきました。いつか行ってみたいと思います。いつもありがとうございます。

0005 つつじヶ丘?前の杉の木が伐採され、より高い展望が開かれていました。

今日は晴天ながら霞みがかかり遠望がきかず、山はイマイチだったでしょう。もしかして早くも黄砂だったでしょうか?

0002 高館山側も伐採されていますが、目前のアンテナさえもはっきり見えません。今日はやはり身近な足元に視点を絞ったほうが良さそう。

0072 0043 0026 花はまだマンサク、イチリンソウ、それと小さな白い花?ぐらいでしょうか。

木の芽は、一つ一つまるで人間のような表情があって、じっくり見ると面白いものですね。基本的には”ばんざい\(^o^)/”型が多いようです。これがどう変化していくのか。経過を連写できれば面白いのですが、そうそう足を運ぶわけにもいかず。

0008_400090011_40014_40018_20019_2002000290025_2003000360037
0035_200440045_2004900520003_200220048_20060006300650064_20041_200700074_20071_200750058


























































































| | コメント (0)
|

2017年3月19日 (日曜日)

秋田駒ヶ岳

念願の秋田駒ヶ岳へ、コダマさんの紹介で秋田の山岳会のパーティにご一緒させていただきました。

0006_4 昨夜の雷雨が噓のような星空のもと、鶴岡4時半発。7時30分に待ち合わせの場所、「アパルこまくさ」に到着。

0004_3
目の前に秋田駒ヶ岳が見える
ところが、ここでアクシデント発生。連絡不行き届きで山岳会が先行することに。我々は1時間以上遅れての出発。

0008_3 雪道であそこまで行けるの?聞けば3時間半~4時間で着けるらしい。でも天気がいいから、行けるとこまで行こう!

0010_4 しかし早々に体力面から私一人、山岳会を追走することに・・・「では向こうで!」 タイチローさん、コダマさん、( ´Д`)ノ~バイバイ

0011_3 0012_2 広い元スキー場のゲレンデは、雪上車で整地され、歩きやすい。それにしても今日は良いお天気だ~。スピードを上げて登るから汗が目に沁みる。

0014_3 0018 ゲレンデから山道に入った先のポイントで山岳会を捕捉!ここからはいろいろと説明を受けながらの登山となった。

0019 向こうに昨年登った花の名山、森吉山が見えます この右隣には薄く岩木山も望むことができます。

 0025 0021小白森、大白森山が。草紅葉の美しい湿原の写真を見たことがあり、いつか行ってみたい所です。


0023 0026 それにしても素晴らしい晴天です。空気が澄んで艶やかな青色。風が冷たく感じます。ここまで上がると、完全に冬山です。

0027 0028 八合目小屋が見えてきました。実はここまでは三千円払えば誰でも雪上車で来ることができます。

0033 小休止後、山頂を目指し出発・・・でもメンバーが一人二人と下りていく。冬の厳しさを実感すると、装備や体力に不安のある人は自ら抜けていく。ベテランが多いから自分の力量を心得ているのでしょう。

0035 外輪尾根から左の渓流谷を見下ろす。ボーダーが小さく見える。我々も下山時はここを通る。


0037 0041 外輪から阿弥陀池に下る。ここにサンタクロースが住んでいるかのような阿弥陀小屋が2つ建っていた。

0040 右に男女(女目)岳おなめだけ(1637M)を見ながら男岳おだけ(1623M)へ向かう。他に女岳めだけもあり、峯に男と女の字が沢山つくので、どれがどれだか混乱する。秋田駒ヶ岳は、これらの総称なそうだ。

0045 さて、馬の背手前。いよいよここから10~12本の前爪付きのアイゼンを装着する。


0046 リーダー曰く「ここからは気持ちを引き締めて!・・・間違っても左には落ちないように!落ちるなら右に!(笑)」だって。 げげげぇ~怖そう。
0048 後ろを振り向くと馬の背の向こうに横岳
0050 体をねじるとふら付きそうになる。前を見ると一番細いところで風が吹いてホワイトアウト!一瞬周りが何も見えなくなる。

0054 ふとガスが切れ、小高い雪庇を越えると視界が開け、田沢湖が視界に飛び込んでくる。

0059 0062ここが男岳山頂の祠があるところ。完全に雪と氷におおわれ、見事なエビのしっぽが出来ていました。ここで田沢湖スキー場をバックにどや顔で記念撮影。
0064 女岳からは噴煙がなびいています。

0061 こちらが小岳こだけ、噴火口も見えるムーミン谷、なんでムーミン?
0067 来た道を戻って阿弥陀池へ下る

0071 下りてきた男岳を振り返る 
0072 向こうには岩手山が見える・・・こちらから見る山容は険しい
0073 阿弥陀小屋の傍を通って・・・冬も入れるそうです。
0074 美しい風紋は3000~4000Mクラスの山並みを感じさせる。 下りは登り返しも嫌なのでボーダー達が滑っていた別ルートを下る。
0077 すると登りの上のルートから(おお~い!!おかべ氏~~!!!)遠くで叫ぶ声が・・・なんと後から登って来たタイチローさんとコダマさんではないか。

0082 てっきり8合目で終わりか?と思っていただけに驚きました。頑張りましたね~。すれ違わなくて良かったね~~(´▽`) ホッ。

0087 8合目からは揃って下山。ミウラさん?からこの辺りの山のレクチャーを受けながら楽しく下りてきました。
00880085 

0092 0098 ゴール間近に田沢湖湖面に傾きかけた日差しが反射して、美しい夕陽の景色を想像します。

0001 まだ降りてこない仲間もいますが、山岳会の皆さんと記念撮影。

秋田にはまだまだ魅力的な山、ルートがあることを教えていただきました。また機会がありましたら、よろしくお願いします。

コダマさん、皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。

00990003 GPSはなんと途中からON。往復約16キロの山行のようです。

当初のプランはリフトを乗り継いでスキー場側からのアタックでしたが、急斜面にアイスバーンという危険性から遠回りの今回のコースになりました。でも天気も良かったし、ゆっくり景色を眺めながら沢山歩けて幸せでした。




 


 


| | コメント (3)
|

2017年3月17日 (金曜日)

小真木原テニスコート

Dsc_0357 Dsc_0358  
朝の散歩道。
入口ゲートが開いていたので、ちょっと覗いてみました。
人工芝なそうですが、一見天然芝のように見えます。
新装コートは4月1日から使えるようです。
今年はここでプレーできるでしょうか?したいものです。

| | コメント (0)
|

2017年3月12日 (日曜日)

赤見堂岳、撤退!(-_-;)

0044 0005 午前6時半、取っ付き場のお蕎麦屋さんの前から出発。以前、美味しい100%蕎麦をご馳走になったことがあります。お上さんにお断りして停めさせていただきました。残念ですが、立派な字体です。

0003_2 0006 去年、石見堂岳に登ったときより5日ほど早いですが、それを加味しても積雪量は多いでしょう。壁をよじ登ることが出来てラッキーでした。

0009 所々に道標の赤テープがあり、ルートを確認して進めました。

0011 徐々に青空が拡がり、いい感じ!

0008_2 しかし、スノーシューでも20~30センチ埋まる重い新雪、所どころに膝で雪面を潰しながら登る急登に疲労が蓄積してくる。

0026 寒河江ダム湖が見えてくる 

0015_3 そして、いよいよ対峰に去年登った石見堂岳が見えてきた。日差しを受けた石のモニュメントで確認することことができる。

0029 およそ1000M地点、これまで何度も止まっては進み、止まっては進んできた。頑張って登ってきた足跡を眺める。

「なんとか美しかった山容だけでも見たい!」「せめて手前の広々とした雪原まで辿り着きこう!」、と思ったのだけど・・・ 

0024 0020 石見堂岳と記念写真を撮って・・・コーヒーを飲んで、諦めました~。^_^;

0030 0028 この古木が今日の僕のゴール。腰を下して空を見上げれば飛行機雲が。午前9時45分、およそ3時間ほどの登りでした。情けない・・・。

0042 下り道、ちょっと左斜にルートをとって振り返り、赤見堂岳を望もうとするが・・・右肩だけでしょうかね~。(◞‸◟)

0004 およそ2時間で下りてきました。

0043_2 0045 予定のルートと、今回の足跡(濃いライン)。これじゃあ5分の1しか行けてない。今日のような条件なら1泊2日、日帰りなら3名以上で交代しながらのラッセルでないと無理だろう。

0048


 去年、石見堂岳山頂から望む赤見堂岳。美しかった~!いつかあの山頂に立ちたいと思う。





| | コメント (3)
|

2017年3月11日 (土曜日)

あれから6年

東日本大震災から6年経ったそうです。

まだ6年しか経っていないのか、という思いです。

午後2時46分、当地のスーパーでも黙祷のアナウンスが流れ、皆黙祷したそうです。

診療室ではできませんでしたが、技工室ではラジオのアナウンスに合わせて黙祷しました。

時間を戻せたら・・・、あの出来事が無かったら・・・、そんな気持ちになります。

今、生きている被害者、被災者、そして復興に努力しているみんなが、前向きに生きれますように、幸せになれますように祈りたいと思います。

| | コメント (0)
|

2017年3月 8日 (水曜日)

井上アタッチメント義歯

Dsc_0344 Dsc_0343
メインテナンスのみえたOさんの義歯。

片側遊離端義歯は、違和感があって使ってもらえないことが多いですが、Oさんのアタッチメント義歯は審美的ではないけど、シンプルで長年修理することもなく使ってもらっています。

もう20年経つかな?

このアタッチメントは日本の井上アタッチメント社製です。残念ながらもう手に入らない製品です。今でも欲しいケースがあるんだけど、ほんと残念です。

いつも大切に使ってもらっているOさんには感謝です。井上アタッチメント社の皆さん、ありがとう。

| | コメント (0)
|

久しぶりに雪化粧

Oi000008 今朝の散歩道。

久しぶりに白い世界に被われました。

寒いけど、もう滅多にお目にかかれない景色かな?と思うと、何でもない風景が嬉しくなりました。

| | コメント (0)
|

2017年3月 5日 (日曜日)

荒倉山

P3050023 P3050026 P3050027 P3050028

昨年 復帰一座の山に雪も無いので早々登りました、昨年は山の相当上まで馬の足跡や糞が有り不愉快な気分で登りましが今年は無し(水道のタンクが有るので苦情が有ったのでしょう)、花は未だ(昨年は22日に登山)途中では 虚空蔵 藤倉 八森 が見え近くの山ではパラグライダーが2機 気持ち良く舞っている、神社近くの山道は昨年と違いキレイに整備されている、下山はチョット走るかと?(しかし保護者同行なのです)チョット寒かったですけど昨年とは違いました。

| | コメント (2)
|

白梅&紅梅

Oi000023 Oi000024 朝の小真木原公園にも春の息吹を彩として見れるようになってきました。

Oi000026 これはコブシかな?

日曜なこともありますが、散歩する人も多くなりました。

今日はこれから新潟行きです。







| | コメント (0)
|

2017年3月 4日 (土曜日)

朝焼けは雨

Dsc_0340 今朝の小真木原公園で見た日の出。とてもきれいでしたが、表題のごとく、日中は雨模様となりました。

やはり天気の諺は本当ですね。

| | コメント (0)
|

2017年3月 3日 (金曜日)

モロッコのお土産

Oi000022 Oi000023
ヤシの実?小さいんじゃない・・・と思ったら、ヤシの実にもいろいろあるんですね。ナツメヤシの実でした。

”デーツ(date palm)”とも呼ばれ、食べたら干し柿のような味で、甘かったです。

sさん、海外旅行の珍しい食べ物をいつもお土産にいただき、ありがとうございます。

ISとか、テロなどでちょっと心配な方面ですが、なんでもなかったそうです。

”方面”で片づけてはいけないのですよね。

| | コメント (0)
|

2017年3月 2日 (木曜日)

春を感じる朝散歩

Oi000017   久しぶりに朝の散歩道。何度見ても日の出は良いですが、予想より早い場所で日の出と遭遇。日の出が早くなりました。

Oi000018 コンビニ駐車場の雪燈籠も崩れ、ますます春が近いことを感じます。

Oi000019 金峯や母狩の山の雪面も、明るく光って見えます。そろそろ母狩山のあのルートは、マンサクで黄色に飾られているでしょうか?

Oi000021 診療室の片隅から、近隣の家々の間に鳥海山を見ることができます。所謂”山当て”というスペースでしょう?、我が家を中心、城と考えればですが。(笑)

頭の中は、春の山行で目白押しです。




| | コメント (0)
|

2017年3月 1日 (水曜日)

もうすぐ登れるかな?鳥海山

Oi000016 今日は午後から出張で遊佐町へ。

近づくにつれ鳥海山が大きく見えてきます。

ここは、梨で有名な刈屋からの遠望です。

暫らく近づい見てなかったので、山肌を見ると登りたくなりますね~。

山頂近くには、一部雪の無いところもあって、早くも春の出で立ちに変わり始めました。

さあ、何処から登りましょうか?

| | コメント (0)
|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »