« 天城越えプラス | トップページ | 叔母ちゃんと母と »

2017年5月 3日 (水曜日)

春の裏磐梯山

午前4時鶴岡発、一般道112⇒ 287⇒ 121⇒ 459と乗り継いで裏磐梯へ

0002 スタート(7時45分)は裏磐梯スキー場、

0005 高度を上げるにつれ背後の檜原湖が見えてくる

0006 途中、数日内と思われる熊?の足跡がゲレンデを横切っていた

0007 登山者の多い尾根伝いの中ノ湯ではなく、火口原に向かう分岐を左に 

0008 明るい見とおしの利くダケカンバ、シラビソ?の林間を歩く

0009_2 0013 徐々に裏磐梯山の荒々しい山肌が見えてくる 締まった雪でワカンも必要ない

0022 パノラマで伝わるかな~、この迫力!

0014 0025 火口原辺りはおよそ5分毎に”カッ、カーン!!”と乾いた落石の音が響く。囲まれた絶壁な岩場に人が登れるルートなどあるのだろうか?と思うほど。

00270023 急激に尾根道を登ると、背後に素晴らしい遠望が開けてくる

0029 ひと際真っ白な飯豊連峰は、目立つ存在だ。

0037 9時30分尾根道に到着、

0038 その20分後に黄金清水

0040 10時5分、弘法清水小屋到着、マスターに期限切れのコーラを頂く。(人''▽`)ありがとう☆

00410042 清水は雪洞の中に確保されていました。

00430044 さあ、山頂間近の急な雪原。下りる登山者は黄色い声をあげて滑って楽しそう。

0046_2 10時40分、山頂着!!

00480052 山頂の祠と三角点、

快晴無風で山頂からは360℃パノラマと昼食をのんびり楽しむことができました。

0049 0059 表側の稲苗代湖・・・試しに両親指で持ち上げてみる!(笑)

0051 目の前にガ~ンと飯豊連峰 

0055 朝日連峰 

0056 鳥海山と月山0057 葉山 

0061 吾妻連峰
0060 安達太良山

0065 山頂は他のルートからの沢山の登山者で賑わっていた

0064 遠い遠い遠~い親戚?の小屋の看板の前で記念撮影

0066 さて下山する方向を見下ろす。檜原湖手前に目指すゴールの裏磐梯スキー場が見える

0069 0073 
弘法清水小屋手前から左へ。尾根の左斜面をトラバースするルートは、所どころ急な雪面でアイゼンがあったほうが良かった。

0074  こんな穏やかな日に林間を、足に優しい雪面を歩けるなんて

 00770078青い屋根の中ノ湯跡を右に下りる

00820083 徐々に出発時の山容が木々の間から見えてくる

00840087 大小のいくつか沼のある湿原があり、大きな銅沼(あかぬま)からの眺めは象徴的だ。ここまで撮影にくるカメラマンもいた。

00900093 間もなくスキー場ゲレンデに到着。ゴール13時20分。


0096 帰路の車窓から檜原湖越しに磐梯山を振り返る

表磐梯からも登ったことのあるタイチローさんによれば、登るなら断然裏がいいとのこと。確かにそんな感じがする。

鳥海山の秋田側、山形側のような違いよりも、もっと違う感じがする。

0098 0097 今日は距離およそ10キロ強、5時間半の山行でした。
ありがとうございました。





 


































































|
|

« 天城越えプラス | トップページ | 叔母ちゃんと母と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天城越えプラス | トップページ | 叔母ちゃんと母と »