« 四十九日 | トップページ | 尾瀬トレッキング 二日目 »

2017年8月22日 (火曜日)

尾瀬トレッキング 一日目

7月に予定していた尾瀬トレッキング。自分も行ったことなかったが、家内の希望が強く、”夏が来れば思い出す 遥かな尾瀬・・・”、夏の日本の代表的な唱歌の地、尾瀬に行ってみました。

午前2時45分鶴岡発。

P8220562 P8220570
小出から352号で銀山平、奥只見湖、蕎麦畑の道を通り、樹海ラインを経て御池(みいけ)へ。352号は一時”歩行猿天国”状態でビックリ!でした。

P8220572 P8220575
車で約5時間半かかったが、7時間みていただけに1時間半も早い、午前8時30分にスタートする。山小屋1泊二日とは思えぬ重量は、ほぼ二人分。久しぶりに75L背負った!(笑)

余談ですが、駐車場で向かいに停めてあった車は庄内ナンバーのプリウスでした~。え?まさか?

P8220576 P8220580 よく整備された木道。所々に湿原、田代があり、気持ちよく進む。

P8220586 P8220584 P8220579 P8220582 花を写していたらキリがない、進まない・・・

P8220587P8220588 滑り止め板の間隔がピッタリで有難い。

P8220592 この花が清楚で可愛い一番お気に入りかな、イワショウブ?。

P8220595 これはサワギキョウ?

P8220596 ?P8220624 ?P8220628 ワレモコウ?

P8220599 おお~恐竜?ラクダ? 

P8220600 思わず跨った!(こんなことして不味いか・・・)

P8220604 吊り橋「裏燧橋(うらひうちばし)」、今日の中間地点かな?妻の足も上がり、まだまだ元気なようです。 

この先から急激に下降し・・・

P8220612 水量日本一の名瀑「三条ノ滝」、迫力あり涼しい~!ここで滝を眺めながらビールを飲んでいる余裕のご夫婦?羨ましい~。

P8220618 その後、森吉山の赤谷のような歩きたくなるような「平滑の滝」を見下ろす。その後また急坂を上り返す。妻は辛そう。

P8220620P8220626 平坦になると無料休憩処に出て小休止。そして再び尾瀬らしい田代を歩く。

P8220623 P8220640 鮮やかな黄色の花、何でしょうか?そして視界が開け、右奥に至仏山が見えてくる。いよいよTVや写真で見慣れた尾瀬ヶ原湿原だ!

P8220647_2 見晴(みはらし)にある宿、弥四郎小屋に到着!!午後2時8分。予定より1時間以上早い。荷物を置いて竜宮十字路辺りまで散策する。

P8220650 少し離れて振り返れば、弥四郎小屋の後ろには東北以北最高峰の燧ヶ岳 

P8220659 P8220662 そして向こうには至仏山と、両百名山に囲まれた尾瀬ヶ原。人も少なくて気持ちいい。

P8220675 P8220676 夕方から雨も混じり、夜中には結構な雨降りとなりました。

P8220669_3 ビールを飲んでお風呂に入って、夕食(トンカツ)を食べたら眠くなって、午後7時から就寝してしまいました。やっぱり山の夜は早く暮れる。



 

|
|

« 四十九日 | トップページ | 尾瀬トレッキング 二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四十九日 | トップページ | 尾瀬トレッキング 二日目 »