« 子猫要りませんか? | トップページ | 三ツ石山行 »

2017年9月24日 (日曜日)

お彼岸登山

昨日は墓参し、そして今日は父の御霊に触れられるかと、月山に登ってみました。この辺りの人は死ぬと、魂は月山に行くのだそうです。そんなことを聞いたことがあります。

今回は路線バスで羽黒8合目へ。ひょっとしたら湯殿山へ縦走できるかな?と。これも新鮮で、たまにはいいように思います。そしていつもと違う月山・東普陀駱へ、初めて足を踏み入れてみました。

ちょっとガスっていい雰囲気。

P9240219 P9240222 

P9240223 ここからルートを左に外れる

P9240227_2 P9240234
なかなかの急坂を梯子、ロープ場を通って到達。立派な男根のモニュメントを見上げ、さらに藪漕ぎに近い道を下り御浜の池へ。

その昔、タイチローさんは男根の先端に立って写真を撮ってもらったそうで、その写真が写真展で賞を受賞したそうです。その作品のタイトルを知りたいところです。

往復誰一人とも会いませんでした。まさに秘密の修験場です。

帰り、弥陀ヶ原への登り返しがきつかった!足場は滑るし、熊が出そうだし、そして今日は暑い!なんだかんだで往復3時間半ほどかかり、疲労困憊。もう帰ろうかな~、なんて弱気に。

父の声「お前が考えるほど人生はあまくない」なんて、聞こえたような。

P9240243 でも弥陀ヶ原の涼しさが気力を立て直してくれて、9合目へ向かう。

父の声「人生、最後まであきらめない!」

 P9240249 P9240247 P9240248 9合目、いや~久しぶり!!工藤君。今年からメニューに入ったソフトクリーム、美味しかった~!甘酒も御馳走様でした。なんか今年のマスターは幸せそうでした。

ここで既に午後1時。「岡部さん、湯殿山のバスには間に合わないかも、戻ったほうがいいんじゃないですか?」と言われ、4時半のバスは確かにギリギリ。疲れもありピッチも上がらなくなってきてたので、「んん~やっぱりか」と諦め戻ることに。

父の声「もっと計画性をもって!でも臨機応変に他人の声に耳を貸して無理しない」

P9240256 P9240260 P9240264_2 P9240239 P9240236 P9240267

すっかり色づき始めた月山。

来世の湯殿山、前世の月山の頂には行けなかったけど、父の御霊に触れたようで、いいお彼岸登山だったように思います。

ありがとうございました。

|
|

« 子猫要りませんか? | トップページ | 三ツ石山行 »

コメント

岩の形が少し変わりましたね、写真は登山を教えて下さった、八色木の奥山様でした、(師匠は結構 若くして亡くなりました)、題名は55年前なので忘れました、背丈程のフキを採り、瀬場に下山 バス 汽車で帰宅したと思います。

投稿: 斎多 | 2017年9月25日 (月曜日) 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子猫要りませんか? | トップページ | 三ツ石山行 »