2017年11月19日 (日曜日)

初雪を歩く

初雪を見て、さあ、どこを歩こうか、登ろうか??? 悩んだ末に羽黒山に・・・

しかし、意外に雪は少なかった。

00040005 午前10時30分、今日は遅いスタートだ。下は雪を探さないといけないくらい。

0008 一ノ坂 0011 二ノ坂を登り0015 三ノ坂を登り 徐々に雪が増えていく

0017 山頂鏡池 銀杏の黄色が映える

0019 山頂から、さらに古道は続くも、人の足跡はなく

0018 あるは動物の足跡のみ

0024 0025 右からの風を受けながら聞こえるはギュ!ギュ!と雪を踏みしめる自分の足音と、時折かん高い鳥の鳴き声だけ

00260027 車道を越えて荒澤寺へ

0028 さらに荒澤寺後ろに続く古道を進む 

0031_2 ブナなどの落葉樹林が増え、白い雪道に色が添えられる

00330035 車道に出たら車道を下る 安心して路の真ん中を歩ける

0036_20038 ビジターセンター&休暇村を横目に見て 

00400042 再び車道から古道に入り山頂へ

0045 山頂食堂で温かい山菜そばをご馳走に・・・

00460047 中途半端な積雪と落ち葉の石段の下りは、滑ってコワイ!コワイ!要注意です これなら南谷経由のほうが楽だったかな?

0001 午後2時、隋神門着 


























































| | コメント (0)
|

2017年11月 3日 (金曜日)

子安岳・高松岳・山伏岳縦走


0005
0006 秋田県泥湯温泉駐車場に午前7時半に到着。計算違いで予定より30分遅れ。コダマさんお待たせしました。<(_ _)>

0007 この辺りは硫黄の臭いがする。たまに有毒ガスが出るようでこんな看板が・・・昔痛ましい事故があったところで、家族を偲ぶ石碑が立っていました。

帰りに合掌させていただきました。

00090010 スタート7時38分。駐車場のすぐ上に登山口があり、急斜面で右を谷とするトラバース路が暫らく続く。

00150017 道沿いに走る黑いホースにはお湯が流れ、登山道途中にある泉源から引かれていた。

00180020 葉を落とし露になった幹の白さが晩秋を感じさせる。いよいよ右手に避難小屋を添えた目指す高松岳が見えてくる。0021 ちょっとロープ場あり、八海山のう回路を思い出します

0027 子安岳に至る急斜面は青空に続くようだ。ほんとにいい天気だ

00310032 北東方向の山腹に立ち昇る白い煙は子安温泉の湯気らしい。子安岳山頂9時50分着。

00330039 子安岳から続く縦走路。まるで朝日連峰を縦走ししているかのよな錯覚になります。

00400046 ヤッホー!いや~ほんとに気持ちいい縦走路です。

00440042 早くも木の芽が芽吹き、ちゃんと春の準備が出来ているんですね~。これから冬なんだけど、なんか嬉しい気持ちになります。(^^♪

00600072 何だろう?碧玉の美しい実、そしてほんとに美味しそうなナメコ。でもやはりスーパーのナメコがいいかな。

0047 高松岳避難小屋到着、11時9分。

005100550053 

高松岳山頂は避難小屋から300mほど南に水平移動したところにあります。ちょっと藪漕ぎありです。山頂に誰も居ないので3枚ツーショット!
00570062 小屋に戻って15分ほど休憩してから次の山伏岳へ向かう。緩やかな下りと、緩やかな登り返しで山頂に至る。

00640065 山伏岳山頂(13時26分)から望む。目前の縦じまのリッジ、歩いてみたいね。

0071 さあ、あとは下るだけ~。

00740075 終盤の下山道はまるで雲の上を歩いているかのように心地よい。疲れた足に優しい山道だ。この針葉樹の木、何の木?

00760078 アスファルト道に出る。ここを下ると・・・

00810083_2 コンクリートで固められた山壁かと思いきや、ここは川原毛地獄でした。恐山、立山と並び、日本三大霊山の一つなそうです。

00840087 アスファルト道を下るとスタートした泥湯温泉の駐車場が眼下に見えてきました。

0089 0090 この辺りの標高が紅葉の見ごろかもしれません。

15時10分、泥湯温泉に戻ってきました。およそ7時間30分の山行。

Photo 泥湯露天風呂、道を挟んで二つのお風呂をパンツもはかずに(ズボンははいて)タイチローさんと渡り歩いて、シビレルまで泥湯を堪能させていただきました。秘湯を一つでも二つでも500円、ならば二つを!ということで。

Dsc_0608 帰路、三途川渓谷を橋の上から。 秋田には三途の川があったんですね~。地獄あり天国ありだから、在るわけですね。(笑)

00920091 

今日のルート&アップダウン

天気予報が目まぐるしく変わり、2~3日前まで雨中の山行と覚悟していましたが、意外にも晴天に恵まれました。

これは我ら三名の日頃の精進の賜物でしょう!・・・

かな?( ◠‿◠ )

コダマさん、秋田の素晴らしい縦走コースを教えていただき、ありがとう。そして雨⇒晴れにして頂き、神様ありがとうございました。














































































| | コメント (2)
|

2017年10月29日 (日曜日)

二ツ森

わざわざ登りに行くほどでもないけど、”オッパイ山”とも言うし、傍にあるなら登ろうか・・・ということで銀山温泉の帰りに寄ってみました。

0584 昨日、銀山温泉に向かう車中から見た二ッ森の山容。確かにオッパイの形。若いですね。(#^.^#) もう一つの別名は”荷鞍山(にぐらやま)”なそうです。

でも今日はあいにく朝から雨模様

0022 R347からの入り口もちゃんと標識あり迷わずにたどり着けました。登山口の駐車場は芝生で、ベンチはあるけどトイレはありません。

0023 幅広い山道でよく管理されている感じ

0024 ちょっと気になるけど、パス

0027 山道は落ち葉の絨毯

0029 川沿いの道を外れ間もなく、息子森の岩が見えてくる

0030 黄色い椛のトンネル

0031 すぐに平らな鞍部に到着

0057 左にも道があり、北峰(男山)にも登れるの?と思ったら交通安全の碑があって道は途絶える

0058 右の南峰(女山)を登る。こんな雨の日の下りは滑るので慎重に。
00330034 山頂695mは平らな芝生になっていました。遠望はきかないし、風雨も強くなって長居は不要。

0053 0056 風が強くなると、一瞬切れ間から山容の一部が見える。晴れたらきっと紅葉も見ごろなんだろうな~。

00410002 視線を身近なところ移せば、結構秋山を楽しめる。

0003 降りてくると登山口が牧場内にあることがよくわかる。 往復およそ1時間余り。序でに訪れるには丁度いい山行でした。

00610062 結構急です










































| | コメント (0)
|

2017年10月26日 (木曜日)

黒部・立山室堂へ

水曜の夜、20時頃のんびり車を扇沢へ走らせました。眠くなったら寝る。目が覚めたら走る。そんなペースでナビお姉さんの案内で、まだ暗い午前5時過ぎ扇沢の駐車場に到着。満天の星に安堵して仮眠する。


0002
0005 上の有料駐車場に車は3台 、6時過ぎ次第に景色が見えてくる。下の無料駐車場からの徐々に登山者が集まってくる。

0009 0011 始発7時30分のトロリーバスに乗り、黒部ダムへ 外階段の一部は凍っていて足元注意

0032 0047 0035 0037

さらにさらにケーブルカー、ロープウェイ、トロリーバスを乗り継ぐ。大観峰からは鹿島槍、針ノ木岳などの後立山連峰の峰々、赤牛岳などがよ~く見渡せた。

0056 室堂、一ノ越まで行けたら、きっと富士山も見えただろう 

0058 室堂平 ホテルに「空室あり」・・・リタイヤしてたら泊まるんだけど

0065 ミクリガ池と立山 

0064 地獄谷 硫黄臭がして有害成分測定装置がつけられ、避難小屋まで新装されていた

0073 ミドリガ池

0089 0090
一周して戻って来たら、沢山の観光客でにぎわっていました。タイや台湾の人たちは雪と無邪気に戯れていましたね~楽しいでしょう。

0105 0104  再び戻って黒部ダム、日差しが当たると、朝とまた違って色が素晴らしい。

しかし、建設にあたってこんなに沢山の人が亡くなっていたとは(171名)・・・ちょっとショック。合掌してきました。

0001 ブラタモリのお蔭で、予習してるとよく分かります。scissors

0091 0093 大観峰から
0111 0108 駐車場に戻って振り返って

 0118 下のほうは紅葉も素晴らしい!大町温泉、薬師の湯(700円)から望む
0119 青木湖から

帰路は姫川沿いに糸魚川に抜けて帰ってきました。

ナビ推奨の長野自動車道からよりも、このルートのほうが早くて楽です。午後2時前に出て途中給油等の休憩を3回ほど入れて、午後7時15分に鶴岡着でした。

事故から1週間、家内は今回あまり乗り気でありませんでしたが、説き伏せて連れて行って来れて、まずは良かったと思います。

神様、ありがとうございました。






































| | コメント (0)
|

2017年10月15日 (日曜日)

大鳥池&三角池

新しい靴の履き慣らしを兼ねて、午前中大鳥池・三角池まで歩いてみました。

001 

東大鳥川、泡滝ダム。透き通ったきれいな水です。

003 

二つのつり橋を渡って、

004 

猿が飛び交うブナ林の道を進み、

006 

渓流の音を聞きながら、


008 

少しずつ濃くなる葉の色を楽しみ、

011 

時に豊富で美味しい湧水で喉を潤し、

013 

辿り着いた大鳥池の湖畔のテーブルには、なんと!紅葉がデコレートされていました。

なかなかいいセンス。生け花の素養でもある人かしら?それともビギナーズラック?はたまた自然?

014 031_3 032_2 以東岳は雲に隠れてましたが、タキタロー小屋の周辺を散策した後、三角池へ向かいました。

024 022 023 所々ドロドロしていて、あまり人気を感じない道ですが、ルートはしっかりしています。

015 021 017 辿り着いた三角池。可愛い池ですが、きれいな水に満たされ、何でしょう?水草?がモネの絵のように水面を飾っていました。

035 036 16キロほどの山行でしたが、新しい靴の良い所、また問題点もわかり、次回改善してみようと思います。
以東小屋に泊まった登山者に聞いてみたら、皆さん、”新しくて!木の香りがして~!”と異口同音喜んでました。

今度、是非泊まりに行ってみたいですね。

































| | コメント (0)
|

2017年10月 8日 (日曜日)

八海山 屏風道~新開道

昨年、越後駒ヶ岳から見た八海山は、やや低いながらもギザギザしたゴジラの背のような尾根が印象的で魅力的な山だと感じていました。

001 今回、直登コースである屏風道をタイチローさんも覚悟を決めて、付き合ってくれました。何十年ぶりかの八海山、冬スキー以来です。
鶴岡発午前3時半。高速を降り、六日町途中から見上げた時は山頂は雲の中。でも予報からきっと晴れるはず。

004二合目の登山口着午前7時18分。すでに駐車場は県外ナンバーの車でほぼ満杯状態でしたが、なんとかキープ。午前7時半スタートする。
005006 007 朝靄の中、すぐに渡渉し、通常の山歩きが始まる。

008 3合目の祠、本物の油揚げが供えたありました。地元の信仰の強さ、新潟の人々の熱心さを感じます。

009011013 段々視界が開け、滝も見えたりしていよいよ岩壁が迫ってくる気配。ドキドキです。

017018020 4合目を過ぎるといよいよ最初の鎖場が出てきました。さて気持ちを引き締めて!と持参のヘルメットを着用・・・なんか可笑しくてこの顔です。

021 タイチローさんが先頭を行く。ラク(落石)警戒して少し離れて私もスタートする。

022 垂直に近い登りはどんどん高度を上げ、雲の切れ間から少し魚沼平野が見えてくる。

025 二足歩行ができる地点もあるが、もはや3点支持は勿論、ほぼ四つん這い状態の登山が続くき、鎖場は数知れず。

026027 6合目かな?先行者が登り終えるまで安全のため休憩。

031033 しばし辺りを見回すことができます。ガスってるな~。険しい景色が見れないのが残念です。

032034036

さて我々の番です。ガスが高度感をましてるかもしれないし、ちゃんと見えないところが高所恐怖症の自分には良かったのかもしれません。

037040044 手元に咲くリンドウがきれいでした。滝も近くに見えてきて、これ以上危険なところはないだろう、と思うような鎖場の後に記念に”パチっ!”でもあの後ろの岩壁まで登るんだよ~。(~_~;)

048 登山地図上はここが○危な危険地点。草は生えてるけど右が切れ落ちている岩壁のトラバース。落ちたら最後かもな~。

050051052 でもその後も続く鎖場、ロープ場の数々。もう流石に腕の筋肉が疲れてきました。

人の声が聞こえてきて、傾斜が緩やかになり、久しぶりに二足歩行できるようになると、尾根道です。

054056 058059060 9合目の小屋に着きましたが(11時27分)、ガスって景色が見えません。既にロープウェイからの沢山の登山者で賑わっていました。

疲れたし、遠望は望めそうもないし八峰に上がっても仕方ない。ロープウェイで帰るか~・・・とも思ったけど、降りてからスタート地点の車までの歩行移動を考えてやはり計画通り新開道へ向かう。ただしう回路を。

061064 う回路を通るも結構厳しい山道。すれ違うのも命がけ(ちょっとオーバーかな?)。ここですれ違ったオバチャン。挨拶から何となく発音が懐かしい響きがあったので聞けば、温海の人でした。

「何十年前に登った時は何でもなかったけど、おっかねぐで途中から降りて帰るなだぁ~!」

066068069 でも進むにつれガスが消え、八峰が見えてくる。我々は温海のオバチャンとは逆に日の池、月の池から八峰に入ることに。天候で気分が変わるものですね~。(^^♪

071072073 でも高鳴る鼓動、恐怖感。あら、ヘルメット兄弟?。順番待ちで岩にへばりついて摩利支岳に到着。やっぱりこの岩のコブが八海山らしいよね。

074075 よ~く見えます、魚沼平野。そして次の八峰最高峰の大日岳へ向かう。下るのも順番です。

079078081076 鎖を渾身の力を込めて握り、身体を持ち上げ、なんとか大日岳山頂に立つ!(12時47分)。体重もだが、リュックの重さが堪える。私の向こうに越後駒、タイチローさんの後ろに入道岳、下山を待つ登山者たち。

我々の登攀時にラクがあり危なかった!!あと20センチで当たるところでした。やはりヘルメットは必携です。

082083 越後駒、そして下山で使う新開道が尾根上に見えます。

084085086 いよいよ最難関の大日岳の下山です。最大の山場。もう緊張の連続でした。

091 092 帰りはう回路を。このう回路も梯子場の連続で気が抜けない。途中分岐を左に下り、新開道へ入る。新開道尾根道に至るまでのトラバース路は結構な難路で歩きにくい。
0930960981 099101 振り返ると紅葉が素晴らしい!日差しを受け暑い。長い普通の山道は徐々にボディブローのように脚力、体力を奪う。

103104 四合目の祠、ここにも油揚げが・・・。この辺りは美しいブナ林だ。

105 駐車場近くの山道から振り返るも、八海山はガスに隠れて見えなかった。

15時47分、スタート地点に無事ゴール。8時間17分の登山でした。

鶴岡着、20時25分。無事に帰れて良かったです。タイチローさん、ありがとうございました。

108109

ネットで下調べした通り、このコースはかなりタフでした。60歳、70歳の体には。でも登りは楽しかった。久しぶりに登山したぞぉ!という感覚です。ロッククライミングを除き、一般登山でこのコース以上の難コースが日本にあるでしょうか?そんなリスキーなコースです。

自分には登りの屏風道は最高!登山経験者で運動している人なら普通に慎重に登れば大丈夫です。

八峰は鉄棒懸垂の練習でもしてたら、もっと楽だったのではないかと思います。体重のある人は絞ってこないと大変かも。ヘルメット必携です。

下山路の新開道は、主に下山に使われているようですが、普通の山道で長く感じました。

因みにロープウェイで登って来て、千本檜小屋をゴールとする一般登山者も多いようでした。お天気と体力によっては、この選択もありでしょう。

























































































































































| | コメント (3)
|

2017年10月 1日 (日曜日)

紅葉の栗駒山

「栗駒山の紅葉が最高だと思う・・・」、そんな言葉をどこかの山で聞いた。

午前4時鶴岡発。今回は家内とタイチローさんと3名。いわかがみ平駐車場は既に満杯で下の大駐車場からシャトルバスでピストン輸送。すごい人です!!こんなに沢山の登山者を見るのは富士山以来です。

車から降りてみたら、登山者の視点は上の紅葉よりも下界の雲海でした。

我らが夫婦は初心者コースの中央コース、タイチローさんは東栗駒コースに分かれて登山開始。はじめは山頂まで見通せたのですが、登るにつれ山肌は色づいてきましたが、ガスも降りてきて、山頂は雲隠れ。

005
 007 010 011 012 014 016 019 020 021 

023 024 0251 山頂は凄い人、人、人。我々が到着後、15分ほど遅れてタイチローさんも到着。温かいカップラーメンの季節ですね~。ああ~口元に麺が・・・(*_ _)

下りは家内とタイチローさんが中央コースを、私が東コースを下りました。こちらは単純な中央コースと違い、水たまりもある滑った地面で苦労もするが、滑滝の渡渉もあり面白い!

028 030  041 044 039046 0481 0491 私の足を見てください。これでも尻餅をつかずに下りて来れたことが奇跡だと思うくらいに滑りました。こちらのコースは登りで使うほうがいいでしょう。

降りてきたら青空が拡がり、山頂も見渡せましたが、入浴後見上げれば既に雲に隠れ、天気予報とは違い、上空の天気は不安定なようでした。

妻も少しずつ山行に感化されてきたかな?(笑)
























 











 

| | コメント (0)
|

2017年9月24日 (日曜日)

お彼岸登山

昨日は墓参し、そして今日は父の御霊に触れられるかと、月山に登ってみました。この辺りの人は死ぬと、魂は月山に行くのだそうです。そんなことを聞いたことがあります。

今回は路線バスで羽黒8合目へ。ひょっとしたら湯殿山へ縦走できるかな?と。これも新鮮で、たまにはいいように思います。そしていつもと違う月山・東普陀駱へ、初めて足を踏み入れてみました。

ちょっとガスっていい雰囲気。

P9240219 P9240222 

P9240223 ここからルートを左に外れる

P9240227_2 P9240234
なかなかの急坂を梯子、ロープ場を通って到達。立派な男根のモニュメントを見上げ、さらに藪漕ぎに近い道を下り御浜の池へ。

その昔、タイチローさんは男根の先端に立って写真を撮ってもらったそうで、その写真が写真展で賞を受賞したそうです。その作品のタイトルを知りたいところです。

往復誰一人とも会いませんでした。まさに秘密の修験場です。

帰り、弥陀ヶ原への登り返しがきつかった!足場は滑るし、熊が出そうだし、そして今日は暑い!なんだかんだで往復3時間半ほどかかり、疲労困憊。もう帰ろうかな~、なんて弱気に。

父の声「お前が考えるほど人生はあまくない」なんて、聞こえたような。

P9240243 でも弥陀ヶ原の涼しさが気力を立て直してくれて、9合目へ向かう。

父の声「人生、最後まであきらめない!」

 P9240249 P9240247 P9240248 9合目、いや~久しぶり!!工藤君。今年からメニューに入ったソフトクリーム、美味しかった~!甘酒も御馳走様でした。なんか今年のマスターは幸せそうでした。

ここで既に午後1時。「岡部さん、湯殿山のバスには間に合わないかも、戻ったほうがいいんじゃないですか?」と言われ、4時半のバスは確かにギリギリ。疲れもありピッチも上がらなくなってきてたので、「んん~やっぱりか」と諦め戻ることに。

父の声「もっと計画性をもって!でも臨機応変に他人の声に耳を貸して無理しない」

P9240256 P9240260 P9240264_2 P9240239 P9240236 P9240267

すっかり色づき始めた月山。

来世の湯殿山、前世の月山の頂には行けなかったけど、父の御霊に触れたようで、いいお彼岸登山だったように思います。

ありがとうございました。

| | コメント (1)
|

2017年9月17日 (日曜日)

鎧のおばちゃんと

Oi000008 

いろんな遠征計画はあったんだけど、列島串刺し台風で中止。雨が降りだす前にせめてもと、午前中に鎧ケ峰までタイチローさんと登ってきました。途中、下山する”鎧のおばちゃん”ことエンドウさんと邂逅。しばし山道で立話。

登頂後、中の宮でクーリングしていたエンドウさんを捕まえ、タイチローさんとツーショットさせていただきました。

槍ヶ岳ツアーでご一緒させていただいた時以来で、懐かしかったですね~。

御年??歳。サングラスも決まって、益々若く、足腰を鍛えている”お姉さん”というイメージになりました。

「鎧のお姉さん」と呼ばせて頂こうかな。(^-^)

| | コメント (2)
|

2017年9月14日 (木曜日)

金峯山 吹越道場跡

Dsc_0527 Dsc_0529 
夕方 久しぶりに金峯に登ってみたのですが、中の宮を過ぎたところに分岐の標識。今まで無かった真っすぐな道が開かれていました。
 
「山伏古道(吹越道場跡)」と書かれています。100Mほど登ると開けたところに出て、円形に石が並んで一本の木を囲んでいました。
一体ここで古人は何をしていたのでしょうか?身近な里山に新たな興味が湧いてきます。
 
Dsc_0528 誰も居ない山頂展望台から庄内平野を望む。爽やかな秋空でした。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧