旅行・地域

2014年5月28日 (水曜日)

「礎の枝折 Basic concept」

先週訪れた白川郷の一角に刻まれた東北仙台出身で白川郷の医療に捧げた医師、海野金一郎氏の碑文を紹介させていただきます。今の白川郷がある理由でしょうが、難しいことですね。

深山も古里なれば、これ地上の楽園

灯細くとも睦みて太古永遠を談る

この里に老を養いて青年は去らず

道を開けども樹を売らず

山に大木繁れば財なけれども心豊かなり

土地を拓きて田畑を作り自活するは天理に従うなり

祖父の財を売る者は自らを亡ぼしその里をも失う

果樹を植して力を養うべし

鶏鳴を山中に聞くべし

星を眺めて生命を楽しむべし

深山の孤林にもなお日月訪れるなり

牛馬の瞳にも泰平の光宿る

| | コメント (0)
|

2008年10月14日 (火曜日)

たまに夫婦だけで

「俺をいくつだと思ってるんだぁ!」という息子の言葉に甘え、留守を託し何年?何十年?ぶりに 夫婦二人だけで日帰り旅行に行って来ました。家内がある新聞社のツアーに申し込んでくれたのです。行き先は福島県下郷村大内宿と那須高原です。

朝6時に出発。米沢から121号線大峠を通り福島へ。喜多方、会津若松をすり抜け大内峠へ。ここはかなりの急勾配(自転車で上ってみたいなぁ)。比較的早い時間帯ながら既に湯野上側には車の列。我々のバスはすんなり駐車場へ。

458さてここ大内宿ではTVで話題になったという”ネギそば”に挑戦!?というのも、付いてくるネギ1本で蕎麦を食べるというものなのです。蕎麦が沢山あるうちは何とかなるけど、少なくなるとお椀に口をつけて流し込む感じ。ちょっと下品なので途中から箸に換えました。でも蕎麦は美味しかったですよ。

465 ここはきっと魅力的な風景でしょうけど、ちょっと人が多すぎて、真冬にでも来た方がいいかもしれません。遠くの木々の間からこんな感じで眺めるのが一番です。ここの一番奥には湯殿山碑が立っていて、かつての湯殿山信仰の拡がり、強さに驚いてしまいました。

477 この後は”もみじ谷大吊り橋”に寄って揺れる吊り橋を”きゃあ~!!怖い~”と言いながらも渡り、いよいよ那須高原へ。移動途中、那須・三本槍岳登山からの帰路にあるタイチローさんからの電話情報で那須ロープウェイに向かう有料道路は大渋滞!!とのこと・・・・一体どうなるんだろう~不安!不安!

483 しかし、有料道路に入れば確かに渋滞はあるけど、大内宿ほどでもなく、割とすんなりと山麓駐車場にたどり着くことができました。遅い時間帯がよかったみたいですね。記念写真撮影後、早々にロープウエイに乗り込んで那須岳8合目まで。生憎山頂は雲に隠れ、また日も陰り気味で紅葉の素晴らしさもイマイチでした。

最後は、那須御用邸の五峰館でおいし~い、お菓子をちょっと買ってきて(太るから・・・)那須インターから高速で帰路に着きました。

バスの中では楽しいゲームで遊ばせていただき、賞品も銘々に頂戴して楽しい時間を過ごすことができました。ちょっと疲れたけど、美人添乗員さんの熱意ときめ細やかな心遣いで濃厚な旅を楽しむことができました。ありがとう。

しかし、首都圏の観光地の混雑、渋滞は凄いものですね~。

| | コメント (0)
|

2008年10月 9日 (木曜日)

月山・志津の紅葉

454

庄内側から見ると、湯殿山から志津方面には山に被さるような雲がかかっていたのであまり期待もせずに月山・志津へ向かいました。

月山第一トンネルを抜けると、やはり雲が多く陽射しも弱くなりましたが、志津・弓張平へ上るにつれ、雲は少なくなり、時々雲の切れ間から山頂も望めるようなお天気。

姥沢からリフトで上がれるところまで行って紅葉を眺めてきました。本当は姥ヶ岳まで登ってみたかったのですが、家内は歩きたくないほうだし、丁度雲も出てきたので山頂との分岐まで登って降りることに。200Mぐらいは歩いたかな?

今、月山の紅葉の盛りは、リフト乗り場、姥沢小屋あたりの高さでしょうか。昼食を食べた志津温泉の仙臺屋さんのお話では、今年はブナ、ナラが不調で既に茶色の葉が散り落ちていて、紅葉・黄葉の色合いがイマイチなようです。

ところで仙臺屋さんの山菜そば、茸や山菜、鶏肉がいっぱ~い!で美味しかった~!

| | コメント (0)
|