歯科医療

2018年6月21日 (木曜日)

歯周病専門医と歯科医師

最近、初診で「歯周病専門医のセンセイに診て欲しい!」という患者さんが増えています。

「抜かないとダメだと言われたけど、どうなんだろう?」主治医の判断に疑問をもっていたり、「何年も治療を受けてるけど、良くならない・・・」と、セカンドオピニオン的な受診の方もおられます。

主治医が抜歯という診断であれば、大抵私の診たても抜歯のことが多いですし、歯周病治療は一方的に医療者が行うものでなく、二人三脚で進めるものなので、良くならない責任は患者さん側にもあるのです。

歯周病専門医、認定医とは、所定の年数学会に所属し、日本歯周病学会の規定したケースレポートを一定数提出し、試験に合格した歯科医がなれるものです。

しかし、歯周病治療は今では基本は大学教育で行われており、卒後教育や自己研修を積めばアドバンスした内容まで誰でも習得可能です。

事実、歯周病専門医、認定医でも、よく研鑽を積んだ歯科医師に教えてもらうこともあるのです。そんなわけで歯周病専門医、認定医でなくても歯周治療は十分安心して受けられるはずです。

もし不安を感じるようであれば、自分の歯周病のデータを見せてもらったらどうでしょう。できればコピーしてもらい説明を受けてみてください。研鑽を積んでいる歯科医であれば専門医、認定医でなくともちゃんと教えてくれるはずです。

| | コメント (0)
|

2018年6月12日 (火曜日)

少しずつマイクロ

00030001_1 高額な費用を払って受けた研修内容だから、自分の臨床に生かし、その恩恵を患者さんにフィードバックしなければ意味がありません。

ただ新しい技術、器械の汎用には習熟曲線があり、すぐに上手く使いこなせるわけでもありません。少しずつ保険導入されている治療を主体にマイクロスコープを使っています。

見えることの凄さ?というか、今まで見えてなかったことを感じています。

山行やテニスばっかりしてるわけではありません。ちゃんと前向きに仕事してますよ。(笑)

| | コメント (0)
|

2018年6月 8日 (金曜日)

研修会

夕方から研修会があり、余目へ。

診療報酬と関わる研修会なため、多くの歯科医が集いました。

中には内陸、米沢からも参加していました。

午後6時半から2時間半で多岐に渡る分野の講演で、講師も大変でしたが、聴いている我々も疲れました。眠くなりました~。

参加することに意義のある研修会だから、それでいいのかもしれませんが・・・

終了後、速攻で帰宅しましたが、夕食は9時半過ぎに。

内陸や米沢から参加の先生たちは、ほんとご苦労様でした。

| | コメント (0)
|

2018年5月27日 (日曜日)

新たなテクニックを身につけて

Oi000095 ホテルからレールが無いゴムタイヤで走る、そして運転手が居ない電車「ゆりかもめ」で向かう

Oi000093 そして研修会開始1時間前に出て自主トレ


Oi000096 夕方4時半過ぎ、2日間の講義と実習を終え、講師と記念写真。

多分最高齢?の受講者でしたが、現役で仕事を続けるからには学び続けなければならない、と思っています。

| | コメント (0)
|

2018年5月26日 (土曜日)

研修会で上京

Oi000088_3

庄内平野だけでなく、この時期の東北~関東は上空から見ると、まるで水害に遭ったかのように見えます。

一味違った美しい水田風景でした。

Oi000097 

寒河江、葉山上空です。山頂神社を確認できました。

向こうに蔵王連峰です。

ああ、山に行きたいね~~~(゜-゜)

Oi000091

お台場の会
場にやや遅れて到着。ここで今日明日の二日間、若い先生たちに交じって頑張ります。

| | コメント (0)
|

2018年5月 8日 (火曜日)

古歯科器械、何に使ったものか?

Dsc_0064  前からあったのは知ってたけど、技工室の棚にこんなものがあります。上にある黒い所に強弱のみの切り替えスイッチがあり、ON・Offスイッチはコードの途中にあります。

Dsc_0065_2 ブリキ円筒の中を覗けば60w電球が・・・

Dsc_0063 製造メイカーは今は無き井上アタッチメント社です。

出入りの業者に聞いてもわかりません。

想像しているのは、ゴム床義歯の製作過程で使ったものではないか?ですが、全く根拠はありません。

少なくともここ40年間、必要としたこと、使ったことがない物であることは確かです。

誰か分かったら、あるいは想像できる用途などありましたら教えてください。

廃棄する前に知りたいと思っています。






| | コメント (0)
|

2018年4月 4日 (水曜日)

根管内異物除去

Dsc_0856_2  症状が無ければ経過観察なんですが、違和感あり膿が出てるので根っこの治療(根管治療)をすることに・・・

でも右側の根っこの先には異物が詰まっているようで・・・これが取れないと感染源を残すことになるので予後不良となります。

Dsc_0857 今日は上手く取り除くことできました。昔は手の感触で”職人技”とも言われましたが、最近はマイクロスコープで見えるので、より確実な治療ができるようになっています。”見える”ということは、当たり前ですが治療上大きなアドバンテージです。

今日は午後から出張でした。

| | コメント (0)
|

2018年4月 3日 (火曜日)

”サンド・ブラスター”交代

Dsc_0846 自分が歯科医となって戻った時には既に技工室にあったサンドブラスター。ある業者の方が出入りしていた頃からあったということですから、彼是40年以上になる製品です。金属製の頑丈なボックス。シンプルだから壊れない。それにしても先代から物持ちがいいというか、でも流石にガタがきて・・・

Dsc_0850 今日新しいのが入りました。見た目も美しいけど性能も全然違います。なんでもっと早く代えなかったのか、買えなかったのか?(笑)
仕事しながら嬉しそうなスタッフの所作が可笑しくて、購入して、代えて良かったな~と思いました。できれば仕事は楽しく、納得しながらやりたいものです。

さらに精度のいい技工物が出来ることを期待したいですね。

| | コメント (0)
|

2018年4月 2日 (月曜日)

往診セットを携えて

5時半に予約診療を終えるや、スタッフ1名と共に往診セットを肩にかけ、スタッフは両手に大きな荷物を持って、患家へ向かいました。

”なんか夫婦の夜逃げみたいだね”て言うと”センセイ、歳が違いすぎますよ!”なんて、相手にされずちょっぴり面白くない気持ちで車に乗り込む。

初めての本格的往診なのでウキウキ感もあるが、実は家がよく分からないので、ちゃんとたどり着けるか、という基本的な不安もあった。

”センセイ!ナビ使えば・・・”というので一応セットして向かう。でもなんとナビがルートを間違えた。なんとか辿り着き、往診セットを組み立て始めたら、一つ大事なものを持ってこなかったことに気づく。

慌ててスタッフを残して仕事場に忘れ物を取りに戻るも、夕方のラッシュは焦る気持ちを逆なでするように進まない。赤色灯とサイレンが欲しいなぁ~。

なんとか戻って組み立てて、さあ始めるぞぉ!と思ったら、患者さんは目を閉じてスヤスヤ眠っていました。あちゃ~!

すみません、時間がかかって。。。(-_-;)

その後治療は出来たのですが、初めての往診なもんでどうかご勘弁。徐々に慣れると思いますので。

と、まあ本格的な往診はこんな感じで、反省多きスタートとなりました。

| | コメント (2)
|

2018年3月26日 (月曜日)

スタッフ充足しました

なかなか歯科衛生士の求人を出しても集まらないとのことでしたが、運良くすぐに応募があり、既に勤務して頂いております。

キャリアもあるし、真面目な方なようで、笑顔も素敵だし、他のスタッフとも既に馴染んでいるようです。

ウチの所謂”流儀”というものもありますが、身に着くまでにはしばらく時間がかかるでしょう。それは若い、全くの新人よりも大変かもしれません。

でも彼女の良い所やこれまでの経験は当院にとっても財産だと思うので、それを徐々に放出して頂き、当院の成長の一助となってくれることを期待しています。

一応当院の新人ですので、不慣れ不行き届きの点はご容赦頂ければ幸いです。

以前この場で求人をお願いしたこともあり、ご報告がてら御礼の挨拶とさせて頂きます。

また彼女に成り代わり、よろしくお願い申し上げます。m(__)m

ほんと有難いなぁ~。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧