鶴岡田川・庄内探訪

2016年5月 1日 (日曜日)

新緑の八久和ダム

地元に居て、名こそ知れ、見たことのないダムでした。結構そういう人が多いのではないでしょうか。

漠然と一度は見たいと思っていたのですが、K先生が昔、このダムから八久和川沿いに遡上し、イワナ釣りの名所”呂滝”に至り、朝日連峰の尾根にある狐穴小屋に辿り着いた、という話を聞いて、行ってみたい!という気持ちが強くなっていました。

今では八久和峠を通るルートしかないのですが、市の朝日支所に聞いても東北電力の管轄で通れるかわからないとの返事。では行ってみるしかない。ということで車を走らせました。

0002 0003 八久和峠はまだ残雪残る霧の山中 

0018 予想以上に長い、険しい林道でした 車高の高い4WD車でないと入れません


0006 0017 ようやく見えてきたダム湖 向こうが川上になります 多くの支流から雪解け水がダムに注ぎ込んでいました

0007 0022 でもダムは遥か彼方 長いダム湖でした ようやく見えてきた地点から撮影 ここからもジグザグ道路で見た目ほど近くありません

0008 0010 着きました!八久和ダム 豪雪に折れた木々がダムに滞積 満水のため轟音を立て放水されていました 

0011 ダムの傍には5Mの積雪計が立っていました 無人ダムだから真冬の積雪量を測ることもできないだろうに・・・

0013 八久和ダムの竣工を祝い、なんと白洲次郎の石碑が立っていました 帰って調べたら東北電力の会長を勤めていたことがあったようです 昭和32年冬のことです そう私と同い年のダムでした

それにしても、昔、よくここに作ったものです。

そして今でも県下2位を誇るダムが、人知れず存在していることが凄い?勿体無い?と思いました。

| | コメント (0)
|

2016年2月28日 (日曜日)

金峯山雪灯篭祭り

午後7時半前に自宅を徒歩で出発。今年は中の宮で開かれているお祭りも覗いてみようと、早めに出ました。

0095 生憎の雨?霙?模様でしたが、露店も出て、歌や踊りもあって賑やかな広場になっていました。大黒様の雪像も大勢の人に囲まれ嬉しそうに見えました。


0099 0101 一番祈祷のために登る時刻には、蝋燭の灯も寂しくなっているのですが、8時半頃にはこんな感じです。厳かな雰囲気に満ちていました。

0102_2 0100 山頂には雷鳴轟くにもかかわらず、土曜日なこともあり、小学生も数名も参加し、まさに老若男女20名近い人が一番祈祷に訪れていました。私が参加したなかでは最多です。

0094

戸の開放された山頂神社で約2時間待ったこともあり、すっかり身体が冷えてしまいましたが、お神酒が少し温めてくれました。また"おこじょの会"のSさんとご挨拶することもできました。今年もいい山行ができますように・・・。

Dsc_1116 下り、静かになった中の宮でツーショット。やっぱり静かなところにいる大黒様が好きかな。

帰りはタイチローさん、奥様、ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (0)
|

2015年11月19日 (木曜日)

荒倉山の銀杏林

Dsc_0901
2週間ほど前から、山の一角を黄色に染めていたのを朝の散歩道からも見えていましたが、なかなか足を運べず、今日になってしまいました。

0006すでに葉はほとんど落ちていましたが、木元に落ちた黄葉が山の斜面に黄色の絨毯を敷き詰めたようになっていて、正に別世界。そして銀杏の匂いで満ちています。(・_・;)

0008大正10年頃、地元竹野浦の猟師の佐藤治郎右衛門氏が植えたされる銀杏林です。佐藤氏はどんな想いでここに200本もの銀杏の木を植えたのでしょうか。

 

| | コメント (0)
|

2015年9月20日 (日曜日)

スノーセットを越える六十里越街道

0005 田麦俣、蟻腰坂から出発(10:05)

00090010 六十里越街道は、花の木坂で112号(自動車専用道)が横断するのですが、これまでと違い階段を昇ってスノーセットの上を渡って横断するように変更されていました。これは今年からですね。これで人、車共に安心して通れます。

0011150920_104001今回のパートナーのミチさんが梯子の取っ手にスイッチョンを見つけました。即座に携帯でフォト作品。構図、色のバランスの面白さを瞬時に見抜いたユニークな作品だと思います。

00140019 間もなく”千手ブナ”に至り、ここで観光協会主催のトレッキングのグループに遭遇。参加してみたい会ですが、参加者の年齢、体力に幅があり、引率も大変みたいですね。

0021 大掘抜(おほのぎ)です。雨が降った後なので緑が映えます。雨雫をのせた苔や茸、そして蜘蛛の巣。視線を変えて見ると、いつもと違った世界が見えてきます。

0003 150920_121801  そんなミチさんの視点の作品はなかなか面白い。心に留まれば一本橋の真中でも止まって”パチッ!”と。高所恐怖症の私には考えられな~い!(*_*;

細越峠、笹小屋跡を通り、旧湯殿山ホテルへ下り、ここから旧112号に入りジョグしたり歩いたりしながら出発点の蟻腰坂に戻ってきました。

朝方までの雨が止み、久しぶりの六十里越街道をアートな気分で楽しませて頂きました。ありがとね、ミチさん!(^_-)

歩行距離約18K、3時間30分、25000歩でした。

| | コメント (0)
|

2015年5月25日 (月曜日)

鶴岡天神祭だけど・・・

例年化けるお祭りですが、今年は貸し衣装が品切れで不参加。化けるのも競争が激しくなりました。化け続けるなら自前の衣装を考えた方がいいかもしれませんね~。

そんなわけで今日は暑いし、午後はインドアのホームワークで過ごしていました・・・明後日の講義の予習や水彩の水張り、仕事のこと等々。

夕方、少しラン&ウォークで80g脂肪燃焼!何となくすっきりしたかな?(*^_^*)

来年は参加してお祭りを楽しもうと思います。

| | コメント (0)
|

2015年4月29日 (水曜日)

松根大滝様・六十里越十王峠・注連寺七五三掛桜

0005 地図では分かっていたけど、一体どの道を行けばいいのか?「大滝様」。ちょっと探索したけど辿りつけました。想像以上に大きいし水量も多い松根大滝でした。流石に古の行者さんたちが禊をしていた滝です。来て良かった~!  (^o^)/

 00010003想像以上のものを見つけた喜びに興奮しながら注連寺の七五三掛桜(しめかけさくら)を見に。樹齢200年以上の老木は鉄柱に支えられながら頑張っていました。しかし、鮮やかさが目についたのは注連寺より下に咲いていたしだれ桜。「●×と畳は新しいほうがいい」と言いますが、そういうことでしょうか?冗談です!(^_^;)

0002そこから十王峠へ。ここで六十里街道に谷道と峰道があることをしりました。車道より一段高い十王峠からの景色には、月山と田麦俣、月山ダムが一体に飛び込んできて新鮮でした。なかなか良い眺めです。

今日は地元に居ながら知らない秘密の名所や景色があることが分かり、嬉しい休日でした。  一度松根からスタートする六十里越を通して歩いてみたいものです。

| | コメント (0)
|

2015年4月13日 (月曜日)

日枝神社のお祭り

Dsc_0399 この辺りの伝統の恒例の行事ですが、今日の御昼休みに日枝神社の獅子舞がやってきました。正式名称は何と言うのでしょうか?後で調べてみたいと思います。

お獅子に頭を噛んでもらうと、ご利益があるそうです。”頭が良くなりますように・・・”と、認知気味の父母が噛んでもらい、みんな大笑い!じゃあ私も~!とスタッフ含めて噛んでもらいました。こんなに沢山噛んでもらって2000円とは、出張して頂きながら恐縮です。

子どものころからの鶴岡の伝統行事を支えてくれる関係者の皆さんに感謝したいと思います。

| | コメント (0)
|

2015年3月15日 (日曜日)

高館山・一輪草

0001 今日は、天気予報以上の好天で、ご近所あちらこちらで春の準備?というか冬の後片付けする光景が見られました。ウチも午前中は車庫のガラクタ整理。懐かしかったけど子どもたちのスキーも御釈迦にすることにしました。

00050002 ポカポカ陽気であんまり天気が良いので午後から大山下池を散策してみました。まだ咲いていないと思ったのですが、一輪草が咲いていました。ほんと春ですね~(^.^)

| | コメント (0)
|

2015年2月15日 (日曜日)

俵雪

00370034 今日はタイチローさんと山行でしたが、体調不良で途中撤退。こんなこともありますよ。

さて早朝、山に向かう道路脇の雪原に俵雪が出来ていました。昨日から強風が吹いていましたからね~。

雪が強風でコロコロ転がって俵のような塊になったもので、庄内の冬の風物詩の一つと言われているものです。

お酒bottleの銘柄にもあり、美味しいようです。(*^_^*)

| | コメント (0)
|

2014年5月 5日 (月曜日)

由良から山桜ロードを

0001 00020003 0004 子どもの日だけど、我が家の子どもたちは帰って来ず。あまり天気が崩れない午前中に由良、八乙女H前の空き地に車を停め、ホットハウスまで登ってみました。今日は一人です。

実は1週間ほど前、文さんから「今、山桜のトンネルできれいだぁ~!」と教えていただいてたのですが、ちょっと遅くなってしまいました。でも山道には沢山の桜花が落ち、最盛期の美しい景観を想像することができました。確か去年も教えていただいたんですよね。忘れていました。m(__)m

来年は最盛期を狙いたいと思います。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧